昨今、政府が積極的に副業・兼業を推進しておりますね。

それに伴い、多くの企業が副業を解禁し始めました。

ソフトバンク、サイバーエージェント、サイボウズなどの大手の企業が解禁して、いよいよ副業の幕開け感出てきました!

 

副業時代に乗り遅れるな!

副業といっても副業の種類は多岐に渡り、以下のようなものが挙げられます。

  • FXや株、仮想通貨などのトレード
  • 不動産
  • せどりや転売
  • アフィリエイト
  • コンサルなど自分のスキルの販売

etc

 

ここでは結構代表的なものをあげさせて頂いたのですが、どれも問題があったりスキルがないとできないものが多くあります。

 

FXや株、仮想通貨などのトレード

ちゃんと運用益を出すにはトレード技術や専門知識が必要で初心者には手が出しづらい領域

 

せどりや転売

時間と知識が必要で、かつ購入したものが価格競争に巻き込まれ在庫リスクを生じる可能性がある。

ただし労働集約型のビジネスになりがち。

 

アフィリエイト

こちらはブログサイトなどを開設してコツコツと記事を書くことで資産として構築できる副業になります。

ただこちらも正しい戦略、SEOの知識がないとなかなか収益が上がらずすぐにやめてしまう傾向がある副業です。

ただ私は自分の発信サイトを持つことは、今後いいことだと思うのでお金だけではなく未来投資として検討するのはありかなと思います。

 

コンサルなど自分のスキルの販売

これはリスクがほぼなく、通常業務の延長線上で顧客を見つけることができたりするのでスキルを持っている方は是非自分のスキルを活用してみると良いです。

ただこれは資産構築型ではなく、単なる時間の切り売りになるので、個人的に割りのいいバイトくらいの感覚です。

 

前置きが長くなってしまって申し訳ないのですが、資産を構築しながらできる誰もやっていない副業をご紹介します。

 

その名も

オリジナルグッズ制作サイトを横断して使って、いっぱい商品を作って売ろう!

 

です!

 

私が今まで確認した中でも、ある特定の商品に対してオリジナルグッズを量産し、Amazonや楽天に出品している企業はいますが、個人でやられている方は非常に少ないというかほぼ見たことがないです。

 

実際に弊社ではMONOAKIを運営しておりますが、MONOAKIで取り扱える商材のみならず、他のオリジナルグッズ制作サイトで作れる商品も同時に出品してロングテールでの物販を行う予定です。

 

副業でもできるビジネスモデルなので気になった方は是非試してみてください。

 

準備するもの

 

オリジナルグッズを作るための素材

素材集具体例

・デザイン性のあるイラスト

・風景画

etc

これらがない方も安心してください。

 

以前、下記記事でも紹介しましたがイラストなどのデザインは素材屋で購入できたり、下記のようなクラウドソーシングサービスを利用してデザイナーさんから直接購入することができますのでデザインができなくてもご安心ください。

 

デザイン依頼先

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • シュフティ
  • Pixiv
  • ココナラ
  • ビズシーク

Etc

 

オリジナルグッズを依頼する先

 

まだまだ1個から作れるオリジナルグッズ制作サイトありますが、とりあえず上記サイトを見て特徴ありそう、他の人が販売していなそうの商品を見つけて販売しましょう!

 

オリジナルグッズ副業で活躍する販売先

  • Amazon
  • 楽天
  • Yahooショッピング
  • メルカリ
  • minne
  • クリーマ
  • フリル

 

上記を全て抑えられれば最高なのですが、そんなにできないと思いますのであえて3つに厳選するなら下記モールをオススメします。

 

Amazon

何と言っても集客力が抜群で、月額固定費も4900円と格安のAmazonをオススメします。

日本で一番といってもいいくらいの集客力があるので、集客を意識せずとりあえず商品を登録していけば売れるイメージがあります。

 

また幅広い商品数を登録する際、MONOAKIでも利用している自社システムOcapeerで簡単に登録するシステムも提供もしております。

 

わずか5分程度のアップロード作業で1854商品もアップできます。

これは1ファイルにつき206商品しかなかったので1854商品ですが、出力するファイルが2000商品であっても同様の時間でアップロードができるのでたったの5分でAmazonに約2万点の商品もアップロードすることも可能です。

上記のように登録できるものをデザインごとに登録していく感じです。

 

楽天市場

楽天は商品数が多ければ売上を立てるのはそんなに難しくない印象です。

 

ただし大量の商品数を出品する場合、メガプランというプランを契約しなくてはならず月額最低でも10万円以上かかってしまうのでハードルがガンっと上がってしまいます。

 

ただその分、成果も安定しやすく安定収益を生み出せるのも楽天なので5万というお金ではなく50万、100万円以上を稼ぎたい人にオススメです。

 

メルカリ

ここ最近出てきたユニコーン企業ですね。

すぐに売れるスピード感と、手軽に出品できることが受けて爆発的に広がったサービスですね!

 

実際にMONOAKIを使っているユーザーで、メルカリで競合の多いスマホケースを販売している方もいるのですが25デザインほど登録して販売しているのですが1日あたり7-10個くらい販売していると言っていました。

 

2180円で1個販売しているようなので10個販売していると仮定すると

2180円-218円(メルカリ手数料)-1296円(製造原価)×10個=6660円

上記が1日あたりの収益なので、スマホケースだけで毎月30日計算で199,800 円の収益が上がっている計算になります。

もはや副業という枠を超えて、本業くらいの稼ぎは出ておりますが驚きは収益の額ではなく、個人的にすごいなと思ったのは手帳型スマホケースだけでこんなに売れるとなると他の競合の少ない商品はもっと売れる可能性を秘めているなと。

メルカリ恐ろしです!

月額費用もなく、手数料もかからないのでオススメの販売先です。

ただAmazonや楽天のような出品して終わりというわけではなく、日々再出品をしないといけないのでシステムが必要になります。

ご希望であれば上記の利用者を紹介することもできるので、お気軽にお問い合わせください。

ただこの方も無償ではなく別途コンサル費用(59,800円)が発生しますのであらかじめご了承ください!

いかがだったでしょうか?

MONOAKIを利用してもらいたいのですが、他のサイトも需要があるのに競合が少ないグッズが多数存在しますので、横断的にオリジナルグッズ制作サイトを利用して物販をするのはアリですね