毎日必ず使うスマホは、自分のお気に入りのデザインを楽しみたいですよね。そこでおすすめしたいのが、スマホケース手作り。自分で作れば、デザインも使い勝手も思い通りに。今回はその手作りをするためのコツをご紹介します。

マスキングテープでカラフルに

 

View this post on Instagram

 

ゆきさん(@mst___yellow___j)がシェアした投稿


今や雑貨屋さんにおいてあるのは当たり前となった、マスキングテープ。これをペタペタ張るだけでオリジナルケースに早変わり。同じマスキングテープで埋め尽くしてもいいですし、色々な種類をくみあわせてもおしゃれです。

マニキュアで柄や絵を描いてみる

 

View this post on Instagram

 

わらし 佐藤さん(@oba323sato)がシェアした投稿


絵に自信があるなら、マニキュアを使って自分で一からデザインしてみてはいかがでしょう。ちょっとハードルは高いですが、先に紙などで練習しておくとコツがつかみやすいですね。

リボンやスパンコールを使う

 

View this post on Instagram

 

pecoちゃんさん(@pecochandeco)がシェアした投稿


クリアケースにリボンやスパンコールをつけるだけでも、かわいくアレンジができます。すでにかわいいリボンやスパンコールを使うので、仕上がりも素敵になりやすいので初心者にもぴったり。

初めからくっつけるのではなく、まずはケースの上に置いてみて、じっくりデザインを吟味してから作り始めるようにしましょう。

画像やロゴをプリントアウトしてスマホサイズに

全体的に大きくビジュアルチェンジしたいなら、パソコンで好きな画像や柄、ロゴなどを探し、それをスマホサイズにカットして使うという方法もおすすめ。紙が厚すぎると上手くはまらないので、薄めの紙にした方がいいですね。

このケースのメリットは、プリンターさえあればいくつでも作れること。台紙をいくつか作っておいて、日替わりで使うなんていうおしゃれなやり方も出来ます。自宅にプリンターがなければ、コンビニのネットプリントを利用しましょう。

デザインペーパーならはさむだけ

 

View this post on Instagram

 

tomoさん(@_to_mo_)がシェアした投稿


パソコンから印刷するやり方に似ていますが、雑貨屋さんやホームセンターで売っているデザインペーパーやシールをケースに張り付けたり、スマホとの間に挟んだりするやり方もかんたんです。上から指をかけるフックやリボンなどを合わせてもいいですね。

造花とレジンで華やかケース

 

View this post on Instagram

 

い ま え ださん(@eda__riiiiiiio)がシェアした投稿


造花を並べてデザインを決めたら、レジン(樹脂)で固めます。100均にも売ってますし、固める時はUVライトを使わなくても出窓やベランダなど日光の当たるところにおいておけば固まります。

プロに任せるのもあり♪

もっと凝ったものを作りたい!スマホケース職人になってたくさん売りたい!そんな方はプロの業者に任せるのもおすすめです。MONOAKIなら1つからも作成できますし、3営業日という超スピードでの対応です。ぜひ検討してみてください♪

MONOAKIで頼んでみる