• minneで売れない…
  • creemaで売れない…

creemaなどのキーワードで検索するとそんな悲痛な言葉が出てきます。

そこで今回は自社でオリジナルグッズや物販事業を行っている事業者として「商品力」などの抽象的な言葉に囚われずに売上を上げる方法を伝授します。

ネット通販における「売上」とは

いろいろなマーケティング用語がありますが、今回がminneやcreemaなどで理解しやすい言葉で表現させもらうと

目に入る×商品ページを見てもらう×購入ボタンを押して貰う

の3フェーズに分かれます。

つまり

多くの人の目に入り、多くの人にページを見てもらう、そして多くの人に買ってもらえれば売上は上がっていきますよね。当たり前です。

でもそれが簡単にできたら苦労はしません。

そこでさらにそこから掘り下げていきます。

自分の商品が目に入る回数を増やす

まずはいわゆる発見性というポイントに向けてアプローチします。

発見性を上げるための具体的な方法としては

出店する場所を増やす

客層や手数料、もちろんライバルも変わります。

特に売上に悩んでいる場合はまずは広くいろいろなところに出品してみるのが良いでしょう。

商品が10商品だとしても、creemaにだけのせるのか、creemaやminne、メルカリ、フリルなどに載せていくのかで言うと見つけて貰う可能性はかなり広がります。

 

商品数を増やす

アクセサリーなどの小物を提供している場合はすこし難しいかもしれませんが、商品数自体を増やす戦略も有効です。

1つのデザインをベースに色違いやチャームが変わっているものなどを別商品として露出していくこと。

そうすることでそれぞれの検索結果に表示させることが増えます。

またオリジナルデザイングッズを作成しているなどイラストやキャラクター売りをしている方は非常にシンプルです。

そのイラストのコンセプトやキャラクターをスマートフォンケースだけではなく、タブレットケースやクリアケース、その他オリジナルグッズなど多岐に展開することで同じイラストでグッズ軸で集客することが可能になります。

商品を増やしたいなら1個から作れるオリジナルグッズ作成サービスmonoakiのようなサービスを利用し、展開していきましょう

 

メルカリなど限定)撤退出品を繰り返す

特にメルカリなどは24H以内に売れる可能性が一番高く、その後は一気に売れる可能性が激減します。

これはメルカリのタイムライン的な仕様が影響していて、新しいものほど見つかりやすいためです。

なので、メルカリなどの商材は毎日、もしくは2日に一回ほど取り下げ→再掲載などを取り組んでみても良いかもしれません。

なかには自動出品ツールなどの存在もあるようです。規約的にはどうなのかはわかりませんが検討しても良いかもしれません。

 

1枚目の写真にこだわり切る

写真にこだわるなんて当たり前じゃん!と思うかもしれないですが、どうこだわっていますか?

  • 商品がきれいに見える
  • なんかおしゃれに見える
  • 使用感が伝わる

すべて正解ですが、みなさんが意外に気にしていないポイントがあります。

それは他所と比べてどう見えるかという点

写真は様々なポイントがありますが、何かのキーワードで検索したときの商品がどれも同じ雰囲気の写真だとパッと目を通して目が止まりません。

こだわりは当然、さらに一緒に表示される他のクリエイター様の画像と違う写真を意識しましょう。

  • 人が身に着けている状態
  • 文字や装飾を入れる
  • 画像を加工する
  • 背景を違うトーンにする

などまずは画像そのものを目にすることが大事です。

 

商品ページを見た人に購入してもらう確率(CVR)をあげるポイント

商品ページは魅力を伝える+不安をなくすことを意識

商品ページは魅力的に見せることは意識するのはもちろん大事ですが、忘れてはいけないのは疑問や不安も解消してあげることが非常に重要です。

ちょっと興味をもっても「ここってどうなんだろう…でも聞いてほどほしくないからまぁいいや」なんてこともあなたの商品ページでは必ず起こっています。

そんなもったいないポイントをなるべく減ることが重要になります。

 

ここは気にならないでしょう?ってレベルの画像を豊富に

もはや鉄板ですが、商品説明の画像は全てにこだわるというよりもすべての角度はもちろん、自分では気にならないと思うポイントも画像として残すこと。

例えばシャツやファッション系であれば

フロント・バックの全体像はもちろん

  • 着用画像
  • できればサイズ別の着用モデル
  • 袖口・襟の拡大写真
  • 素材に多いきり寄った写真
  • タグの写真
  • 洗濯表示の写真

など掲載すると良いでしょう。

人間というものは情報が多ければ多いほど安心する側面もあります。

長ったらしい文章では読んではくれませんが、画像であればすぐに見れるので安心感を醸成しましょう

 

よく聞かれる質問は先に掲載&アピールに

お客様からの疑問を先んじて解凍してあげ、なおかつ安心感を更に醸成するためによく聞かれる質問の内容の掲載をしましょう。

そして、あえて聞かれていないけどアピールしたいポイントを質問風に見せるのも効果的。

例えば

  • 返品交換、修理対応の有無でアピールしたり
  • どのくらい物持ち、色持ちするか

など標品詳細一覧に書いてあったとしてもあえて書くことでより読んでもらいやすくなります。

 

良いレビューを築く

minnneやcreema、その他マーケットプレイスは個人が出品できる分「得体の知れない人から買う」ということになります。

カスタマーサポートが保障をしてくれるとしてもそんな面倒事になるのがそもそも嫌だし、気持ちよく、よりスピーディーに取引を完了させたいと思うのはすべての購買者に共通して言えるでしょう。

そこで商品ページ閲覧から購入に至る確率を上げる上で大きなポイントになるのがレビューです。

より多くの方に購入いただき、よいレビューを購入してもらうためには

  • レビューが集まるまでは低価格で多くの人に購入してもらいやすくる
  • 顧客対応は懇切丁寧に、スピーディーに
  • 商品発送の際は追跡番号を
  • 商品として一筆メッセージカードを入れる

こういった小さい工夫でレビューが集まる&好意的なレビューが多い→値上げしても安心して購入してくれる。

そんな素敵なサイクルが出来上がります。

メッセージカードにしても、小さな手間で大きな成果を上げることができるのでそういった小さいことを積み重ねていきましょう。

 

最後に

月並みですが、minnneやcreemaで販売数を増やす方法を戦略的なアプローチでご紹介しました。

しかしその根底にあるのは商品に対する愛情や品質、そしてお客様対応が絶対です。

テクニカルに販売するのはもちろんですが、ひとりひとりのお客様とのご縁を大切にし、丁寧な接客を続けることが人気クリエイターへの第一歩になると思います。