こんにちは。

全機種のカメラ穴などに対応しているスマートフォンケースを始めとしたオリジナルグッズ制作サービスのmonoakiです。

最近フリーランスの方や副業で何か稼ぎたいと考えている方が非常に増えていますが、その中でもライターなどについて人気なのがオリジナルグッズ制作サービス。

こちらの記事ではオリジナルグッズ制作サービスをする上で欠かせない「オリジナルグッズを販売する場(モール・ショップ・マーケットプレイス)」を紹介させていただきます。

オリジナルグッズ販売のメリット

まず、そもそもなぜオリジナルグッズを販売が人気かと言うと、一つは無在庫で商売を始められるから。

無在庫というのはつまりスーパーや本屋さんのように在庫をたくさん抱えてから商売を始めるのではなくデザインやコンセプトを決定し販売開始、売れたら向上に発注するというかたちになります。

つまり売れてから初めて商材の原価を支払うので元手が小さくても始めることができ、たくさん仕入たのに売れ残りなどのリスクもないことが人気の秘密です。

オリジナルグッズを販売する場所を選ぶポイント

オリジナルグッズを販売する場は世の中に非常に多岐に渡ります。

いわゆる人気モールである、楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングもあれば、メルカリのように無料でスマートフォンから簡単に出品できるものなども多く存在します。

それらはそれぞれが強みや弱みなどもあります。

自分がどのくらい働けるか、もしくは稼ぎたいか、リスクをとっても大丈夫なくらい売れているか、などステージによって異なりますので、それぞれのタイミングで適切なモールを組み合わせて販売していきましょう

オリジナルグッズを販売するサービス−初期費用無料×手数料モデル−

最初に始めるのにおすすめなのは初期費用(アカウント解説や出品料)がかからず、売れたときに手数料を払うモールやマーケットプレイスがおすすめ。

ここで紹介するサービスはどれも初期費用無料かつ手数料型のもので、それぞれ知名度も高く特徴を持った出品者や購入者が住み分けされています。

自分の商材にあったモールを選ぶのもいいですが、あまりより好みせずいくつか、もしくはすべてのモールに出品しても良いでしょう。

初期費用無料×手数料モデル型モール一覧

出店・出品料は無料だが、集客をする必要があるサイト

オリジナルグッズを販売するサービス−手数料以外にも費用が発生するモールなど−

手数料無料のモールに出店販売し、安定した売上をたてられるようになればこれからご紹介するモールやショッピングサイトに登録するのもてです。

違いはやはり集客力。広告も大々的に行っていたり、モール固定のユーザーもついているので費用を払う分の集客力は期待できます。

月額費用などを払うモデルであっても、その分手数料が安かったりする場合もありますので、ある一定数以上の販売が見込めれば出店無料モールよりも利益は大きくなるでしょう。

そして一点気をつけなければいけないのがPCのスキルやデザインスキルがより重要になってくること。

ハンドメイドマーケットはより個人の方がシンプルに出品しやすいように設計されていますが、大手モール系の出品者は法人が多いです。

その分機能も豊富ですが、機能が複雑なため難しかったり、出店してみてもまわりの競合のお店がきれいなデザインだったりとライバルも強敵になることも

初期費用無料×手数料モデル型モール一覧

Amazon

楽天市場

Yahoo!ショッピング

Wowma!

Make Shop(メイクショップ)

まとめ

ここではハンドメイド作品やオリジナルグッズを販売していきたい人向けにおすすめのショッピングサイトをご紹介いたしました。

オリジナルグッズを作る上では商品のクオリティがどれだけよくても見つけてもらえなければ購入もしてくれません。

まずは無料のものから手間を惜しまず複数出店し販路を拡大することがおすすめです。