現在、iPhoneを使っている人の9割、その他のスマートフォンを使っている人の7割がスマホケースを使っていることがわかっています。スマホは早ければ小学生から、そしてシニア世代に至るまでほとんどすべての年代で使われているので、スマホケースのオーダーメイド需要も少なくありません。

そこでスマホケース職人を目指す人はたくさんいるのですが、「デザインはできるけど、細かい事務作業や販売手続きが面倒」と思い、挫折する人がちらほら。

今回はそんな失敗を未然に防ぐのに使える、MONOAKIをご紹介します。

MONOAKIの強みは驚異的なスピード感


MONOAKIは発注をかけてからたった3営業日でものが届きます。受注・作成・発送の一連の手続きをこのスピード感でできる業者は、そうそういないでしょう。

誰しもネットで買い物をするとき「こちらの商品は二週間以内にお届けします」といった表示を見て、「そんなに時間がかかるならやめよう」という経験をしたことがあるもの。そうやって大切な販売チャンスを逃さないためには、とにかく素早く対応することが必須です。

対応機種の種類が豊富


MONOAKIでは、対応できない機種はほとんどありません。iPhoneやAndroidoは販売されたものほぼすべてをカバーしていますし、Galaxy、Aqups、arrows、Xperiaから、 huawei、Zenfoneなども取り扱い可能です。

「iPhoneとAndroidoだけでOKでしょ?」と思うかもしれませんが、実はそうでもないんです。ショップに行かずネットで探している人の中には、「自分のスマートフォンのカバーはお店で売っていない」という悩みを抱えている人が少なくありません。そうした需要を一気に確保できるのは、かなりの強みです。

また、それぞれ別々にデザインを作る必要もありません。一つ考えたら、それだけを登録すればいいんです。あとは製造の際にそれぞれに合わせたサイズで作ります。

受注から発送までの手間がほぼない


多くのクリエイターが「作品を作るだけならいいのに……」と悩んでいます。でも実際には、ECサイトの管理や受注確認、発注作業などに追われています。

そんな煩雑な手間を一気になくせるのが、MONOAKIです。一度登録すれば、受注から発送までほとんど手間いらず。クリエイターは作品作りに集中し、いいものが生まれ、また売れるという好循環を作り出せるでしょう。

MONOAKIでオーダーメイドのスマホケースを作ろう

どうせスマホケースを作るなら、メリットがいっぱいのMONOAKIがおすすめ。ぜひごらんください。
MONOAKIをチェック!